回帰性リウマチの薬の副作用について解説していきます

回帰性リウマチの薬の副作用ってやっぱり出るの?

回帰性リウマチの薬の副作用ってやっぱり出るの?

読む前に回帰性リウマチで悩んでいる他の方々のためにシェアしませんか
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

病院で回帰性リウマチだと診断され、薬がだされたけど副作用ってやっぱり出るのかな…と、不安になられてる方も多いのではないでしょうか?

 

 

私も、薬の副作用については色々心配でした。

 

 

回帰性リウマチの薬の副作用について、みていきましょう。

 

 

 

薬の副作用って!?どんな薬でも副作用は出るの?

 

まず始めに、薬と言うのはどんな薬を飲んだって、副作用ってつきものなんです。

 

 

回帰性リウマチの薬の副作用ってやっぱり出るの?

バファリンの半分は優しさで出来てるなどと言われていますが、あのバファリンにだって副作用はあります。

 

 

バファリンの副作用で代表的なものが、胃痛などの胃の機能障害が挙げられます。

 

 

中には、蕁麻疹が出る方もいらっしゃるようですね。

 

 

それは単に、バファリンの中に入ってる成分が合わないと言う事も考えられますが、薬は薬です。

 

 

何かしらの副作用が出ても、当然なのです。

 

 

もちろん、副作用が出るか出ないかは人それぞれです。

 

 

副作用があるという事だけは事実なんです。

 

 

 

回帰性リウマチの薬の副作用って!?

 

回帰性リウマチの薬の副作用も当然出てくる場合があります。

 

 

回帰性リウマチの方が多く飲まれてる薬は、非ステロイド性抗炎症薬なのではないでしょうか?

 

 

発作が起きた時に飲むようにお医者様から指示されてるはずです。

 

 

私も、この薬は手放せません。

 

 

回帰性リウマチの薬の副作用ってやっぱり出るの?

非ステロイド性抗炎症薬は、ステロイドの薬ではありませんが、飲み続ける事で胃に副作用が出ることもあります。

 

 

胃潰瘍などになりやすくなるという事ですね。

 

 

また腎臓などの機能にも、影響を与える事になります。

 

 

胃薬などを同時に処方される事もありませんか?

 

 

胃薬を同時に飲む事で、胃に負担をかけにくくします。

 

 

薬の量なども、きちんと血液検査などの検査を行いながら処方してくれるお医者様が良いお医者なのではないでしょうか。

 

 

体の状態を見ながら薬を飲んで行くと言うのは、最低限重要な事です。

 

 

自己判断で、痛み止めなどを乱用される方などもいらっしゃるようですが、ロキソニンなども簡単に薬局で購入できるようになりましたので、そんなに症状が重くない方でしたらロキソニンでも充分なはずです。

 

 

しかしながら、投薬は絶対に慎重に行うべきです。

 

 

副作用が付きものなのは仕方がない事ですが、きちんとした病院で経過観察して頂く事で、予後も分かりますし、薬の副作用が出ないようにコントロールして頂くことも可能です。

 

 

また、副作用が出て来たらすぐに処置をして頂けるというのもあるでしょう。

 

 

いずれにしても、薬を飲み続けるメリットの方が大きければ薬を処方してくださるでしょうし、デメリットの方が大きくなってくれば投薬をストップするはずです。

 

 

体の状態に合わせて投薬してくれる先生と出会える事が、副作用と戦わずに済みますので最良でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 回帰性リウマチとは 病院と治療 回帰性リウマチと食べ物 効いた温泉