回帰性リウマチの診断にはリウマチ専門医がオススメの理由です

回帰性リウマチの診断は難しい!?リウマチ専門医がオススメの理由

回帰性リウマチの診断は難しい!?リウマチ専門医がオススメの理由

読む前に回帰性リウマチで悩んでいる他の方々のためにシェアしませんか
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

回帰性リウマチの診断は、正直かなり難しいようですね。

 

 

街のお医者様では、なかなか診断がつきにくいのは事実です。

 

 

リウマチ専門医がオススメの理由を解説していきます。

 

 

回帰性リウマチの診断基準について

 


回帰性リウマチにおいては世界で標準的な診断基準は存在しませんが、特徴的な臨床症状や、関節レントゲン所見が正常であることに加えて、痛風や偽痛風、間欠性関節水腫などの他疾患を除外することによって診断されます。

 

慶應義塾大学病院の医療・健康情報サイトより

 

回帰性リウマチの診断は難しい!?リウマチ専門医がオススメの理由

回帰性リウマチの診断基準と言うのは、上記のサイトからも分かるように、他の因子をつぶしていく事によって、回帰性リウマチだと診断される事になります。

 

 

また、診断基準というのが存在しないため、診断されるのに時間がかかる病気だとされています。

 

 

リウマチの患者さんを多くみてる専門医の方でしたら、リウマチ疾患の症例を色々と把握してるため、診断がつきやすいのです。

 

 

 

回帰性リウマチの経過観察について

 

回帰性リウマチは、経過観察が非常に重要になってきます。

 

 

回帰性リウマチを発生した後どうなって行くかと言うと、慶應義塾大学病院のサイトによると、

 

  • 5~15パーセント→自然に治癒
  • 20~50パーセント→典型的な関節リウマチに行こう、または全身性エリテマトーデスなどの他の膠原病に移行
  • 残り→長年回帰性リウマチの発作を繰り返すが、他の疾患には移行なし

 

と言われています。

 

 

20年以上の追跡検査の結果では、

 


60例中40例が関節リウマチに移行したとの報告もあるため、慎重な経過観察が必要です。

 

つまり、長い年月回帰性リウマチが続くと、関節リウマチに移行しやすくなると言う事なのでしょうか。

 

 

そんなに単純ではないにせよ、早めに寛解してくれる事を祈るしかありませんね。

 

 

 

リウマチ専門医に診て頂く事で経過観察が可能

 

リウマチ専門医のいる病院で診ていただくことで、充分な経過観察も可能になります。

 

 

何か異変があれば、すぐに気づくことも出来るからです。

 

 

回帰性リウマチの診断は難しい!?リウマチ専門医がオススメの理由

薬を調節する事で、関節リウマチや他の膠原病への移行を防ぐことも可能になります。

 

 

私たち素人では分からないような注意移行などが分かるのも、メリットと言えるでしょう。

 

 

リウマチは、進行を抑える事で、関節の変形なども抑えることができます。

 

 

回帰性リウマチ自体は、関節の変形を招く病気ではありまえせんが、関節リウマチに移行すると、関節の変形も免れません。

 

 

関節リウマチに移行しないように、充分な経過観察が必要になってくるでしょう。

 

 

上手に付き合っていくという観点からも、リウマチ専門医のいる病院を受診されてみることをおススメします。

 

 

回帰性リウマチの痛みに苦しまれる方が少しでも減りますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 回帰性リウマチとは 病院と治療 回帰性リウマチと食べ物 効いた温泉