回帰性リウマチと関節リウマチの違いについて解説していきます

回帰性リウマチと関節リウマチの違いとは!?

回帰性リウマチと関節リウマチの違いとは!?

読む前に回帰性リウマチで悩んでいる他の方々のためにシェアしませんか
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

回帰性リウマチと関節リウマチの違いとは!?

回帰性リウマチと関節リウマチの違いとは何なのでしょうか?

 

 

回帰性リウマチと診断されて、何それ?と思われてる方も結構いるはずです。

 

 

そんな私もそうでしたから…。

 

 

回帰性リウマチについて、そして回帰性リウマチと関節リウマチの違いについて解説していきます。

 

 

 

回帰性リウマチと関節リウマチの違いとは?

 

回帰性リウマチと診断されて、まず始めに思う事が「関節リウマチとどう違うんだろう?」という事ではないでしょうか?

 

 

回帰性リウマチは、関節リウマチと異なり、慢性的に痛みが続く訳ではありません。

 

 

一つの関節、場合によっては多関節に炎症が起き腫れと痛みが生じますが、一過性のもので関節の炎症が収まれば、何もなかったかのように痛みがなくなるのが回帰性リウマチの特徴です。

 

 

痛みの継続と言う意味でも、関節リウマチとは識別されます。

 

 

 

回帰性リウマチは男性に多い疾患なの?

 

関節リウマチは、女性に多いとされる疾患なのに対して、回帰性リウマチは男性に多いとされる疾患です。

 

 

原因は明らかではありませんが、男性でリウマチと言うと珍しいと思われますが、以外と回帰性リウマチを患ってる男性の方はいるようですね。

 

 

 

回帰性リウマチは寛解しやすいの?

 

回帰性リウマチと関節リウマチの違いとは!?

回帰性リウマチの特徴として、関節リウマチよりも寛解しやすいという事が挙げられます。

 

 

関節リウマチは、寛解するのは結構大変ですが、比較的経過が良いのが回帰性リウマチです。

 

 

回帰性リウマチの場合は、発作の頻度が減少していき、次第に発作が起こらなくなるのが特徴とされています。

 

 

しかしながら、回帰性リウマチの発作の頻度が短くなってきたり、炎症が起きてる時間が長くなってきたりした場合には注意が必要です。

 

 

関節リウマチに移行してる場合も考えられるためです。

 

 

 

回帰性リウマチは関節リウマチに移行するの?

 

回帰性リウマチの3分の1の方は、関節リウマチに移行すると言われています。

 

 

残り3分の2の方は、寛解する可能性が高く、何事も無かったかのように過ごすことが出来ます。

 

 

回帰性リウマチと関節リウマチの違いとは!?

関節リウマチに移行してしまうと、今度は関節リウマチの治療を受ける必要が出てきます。

 

 

関節リウマチの治療は、早いに越した事ありませんので、おかしいなと思ったら早め早めに検査をして治療を開始するに限ります。

 

 

回帰性リウマチ時の治療は、炎症が出た時に非ステロイド系の抗炎症剤を飲むという治療をされてる方が多いからです。

 

 

そういう私もそうでした。

 

 

あまり症状が頻繁に出る場合には、抗リウマチ薬を飲むように言われましたが、肝臓や腎臓などに負担をかけてしまう恐れもあるため、様子を見ることにしました。

 

 

その代わりとして始めたのが、

 

 

です。

 

 

仕方が無い時は、薬にも頼りますが、なるべく自然な方法で、寛解に向かいたいと思ってます。

 

※西洋医学を否定してる訳ではありません。

 

 

その方その方の症状によって、どう薬と付き合っていくかは異なってきますので、あくまでも私の例として捉えて頂ければと思います。

 

 

関節リウマチに移行しないように、回帰性リウマチの寛解を目指すために、免疫力アップに取り組んでいます。

 

 

免疫力アップは、他の病気の予防にもなりますので、積極的に続けていきたいと思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 回帰性リウマチとは 病院と治療 回帰性リウマチと食べ物 効いた温泉